江戸モアゼル10話考察!仙夏は江戸へ戻れる?原作ではいつタイムスリップ?

2021年3月4日放送の「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」9話「花魁江戸を忘れる!令和男vs侍」では、蔵地俊輔(葉山奨之さん)と仙夏(岡田結実さん)がやっと付き合い始めます。しかしそのかげで、春日泉美(吉谷彩子さん)は強がっていました。

泉美を励ます内に、鳥居直樹(前田公輝さん)は自分の想いに気付きます。また、寿乃(山口まゆさん)は岩佐長兵衛(一之瀬颯さん)への想いを抑え切れなくなっていました。それぞれの想いが交錯する中、タイムスリップできる日付が明らかになります!

江戸モアゼル最終回10話の考察&予想!仙夏は江戸へ戻れる?原作ではいつタイムスリップ?

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」最終回10話の考察です!



9話「花魁江戸を忘れる!令和男vs侍」では、「お前が好きだ。情けないけどさ、でもどうしようもなくて・・・俺、ほんとに仙夏のことが大好きなんだ」と蔵地俊輔(葉山奨之さん)が素直な気持ちをはきだします。

仙夏(岡田結実さん)はとまどい「あたしは、好きな人に好きだって言われたことが一度もない」と本音をこぼしました。そして俊輔にうながされるまま、素直に「はい」と答えたのでした。

その頃、岩佐長兵衛(一之瀬颯さん)はタイムスリップした日に、161年周期の彗星が地球に近付いていたことを思い出しました。それを聞いた俊輔のいとこ・蔵地寿乃(山口まゆさん)は、次に彗星が近付く満月の夜は2021年の3月11日だと突き止めます。

タイムスリップできるのは10日後・・・それを逃したら、もう仙夏も長兵衛も江戸に帰ることはできなくなるのです。しかし、そんなことも知らず、仙夏と俊輔はカフェ「蔵」で働く仲間たちと春日泉美(吉谷彩子さん)、鳥居直樹(前田公輝さん)の前で交際報告をしました。

泉美は俊輔よりいい男はいっぱいいると強がる中、仙夏は「テストをしようと思う」と言い出します。仙夏は、相手を変えるなんて吉原では不義理だと主張して、デートで俊輔の男っぷりをテストすると言い出しました。

鳥居社長は泉美と一緒に会社に戻ります。そこで「おめでとう蔵地くん」と言うためにカフェに行ったのかと、鳥居社長は泉美に尋ねました。泉美は「それで蔵地くんが楽になるならいいじゃないですか」と言いますが、その強がりに気付いた鳥居社長は泉美を呼び止めます。

デートを始めた仙夏は、泉美に気をつかって渡さずにいたマフラーを2週間遅れでプレゼントしました。俊輔は気合いを入れてボウリングに仙夏を連れていきますが、ガーターになります。全部倒したら、3本でも、1本でも・・・仙夏がハードルを下げても、俊輔は1本も倒せません。



寿乃は、仙夏と俊輔が付き合い始めたことを引き合いに出し、長兵衛も東京に慣れてきたのだから、江戸に戻るのはやめたらどうかと提案します。しかし長兵衛は、江戸に戻って仙夏を身受けするのだとガンコに言い張ったため、寿乃はへこんでしまうのでした。

俊輔が仙夏にねだられてUFOキャッチャーで2万円を使い込んでいる頃、鳥居社長と泉美はお茶をしていました。泉美は、鳥居社長が自分を元気づけたいと思っていることを分かりながらも、鳥居社長の話がヘタクソだから帰りたいと言い出します。

泉美より先に帰ろうと席を立った鳥居社長ですが、同じ店に仙夏と俊輔がいることに気付いて席に戻りました。失恋の傷が癒えていない泉美に気付かれないように、鳥居社長は壁になって視界をふさぎます。しかしそこで、客がトラブルを起こしてしまいました。

仙夏がそのトラブルを見つめていると、クレーマーが仙夏に文句をつけてきました。いつもならば強気で張り合う仙夏なのに、今日は顔をふせてしまいます。それでも仙夏にいちゃもんをつけてきたクレーマーに対して、俊輔は立ち向かいました。

さすがに泉美も気が付いて「好きな子の前で頑張っちゃって・・・」と苦笑いします。鳥居社長は泉美によけいな気をつかわせたことを後悔するのでした。そんな中、仙夏は「粋じゃないねえ」という決まり文句を忘れ、熱を出したため俊輔たちは蔵地家に戻ります。

そこで長兵衛は皆にタイムスリップの日付を明かしました。俊輔は、熱が下がった仙夏にタイムスリップのことを話そうと決意します。しかしそこで、仙夏が「あたしの頭に変な棒が刺さってる!」と大さわぎし始めました。その上、花魁の衣装を売ろうとします

花魁としての記憶を忘れかけている仙夏を見て、俊輔も叔父・雄彦(ココリコ・田中直樹さん)もとまどいます。そこに寿乃がやってきて、江戸の本から仙夏の姿が消えかけていることを話しました。「歴史のゆがみが出てるのかも・・・」と寿乃は語ります。



このまま仙夏が東京にい続けると、仙夏は江戸にいなかったものとされてしまうのです。それを知った長兵衛は、6日後、絶対に仙夏を江戸に連れ戻すと決意します。しかしそれを聞いた仙夏の表情は、明るいものではありませんでした。

その頃、鳥居社長は「俺が必ず蔵地くんを忘れさせてやる」と泉美に告げていました。泉美は「頼んでないんですけど・・・」と苦笑いします。失恋の痛手を忘れさせると意気込む鳥居社長ですが、自分の気持ちにはまだ気づいていないようでした。

俊輔は「俺は帰ってほしくない」と言いますが、長兵衛は「貴様が決めることではない!」とどなります。すると仙夏は「決めた!一緒に江戸で暮らそう!蔵地!」と俊輔に伝えました。しかし俊輔は、スマホもテレビもなく、雄彦と寿乃にも会えない江戸はイヤだと言います。

長兵衛は「全て忘れる前に、おぬしが決めるのじゃ」と仙夏に言い、タイムスリップに必要な大八車を修理し始めました。寿乃は長兵衛への想いをつのらせますが、長兵衛は仙夏が誰を好きでいてもいいと考えているのでした。

寿乃は、仙夏と長兵衛の他にもタイムスリップしてきた人がいることを突き止めます。そして、東京にい続けると過去の人格がなくなってしまうことも・・・。それを聞いた俊輔は「仙夏からどんどん、江戸の花魁がなくなるってこと?」と驚きます。

仙夏がクレーマーに立ち向かわなかったのも、かんざしを「変な棒」と言ったのも、着物を売ろうとしたのも、自己紹介を忘れてしまったのも、すべてタイムスリップのせいだったのです。それを知った俊輔は呆然として、仕事にも身が入らなくなってしまいました。

出前にやってきた俊輔を見つけた泉美は事情を聞き「蔵地くんはどうしたいの?」と尋ねます。すると俊輔は「仙夏に全部捨てて一緒にいてほしいなんて・・・」と語ります。しかし、泉美は「絶対に仙夏さんの手を離さない。それしかないでしょ」とわがままを言うよう勧めます。



寿乃は、長兵衛といられる時間はもうないからと、協力し続けることにしました。しかし、令和に来た仙夏が江戸のことを忘れてしまうのならば、江戸に戻った長兵衛は令和のこと・・・寿乃のことを忘れてしまうのだろうと落ち込みます。

思わず俊輔にアドバイスしてしまった泉美は、むなしさをはきだすために鳥居社長を呼び出しました。「ちょっと期待した自分がバカみたい」と言う泉美に、鳥居社長は「どれだけ失礼なことをしているのか分かっているのか」と返しました。

「お前から誘われたくらいで、ちょっとでも期待した自分がイヤになる」と言い捨て、鳥居社長は帰ってしまいました。鳥居社長は泉美への想いを自覚しているのですが、泉美はまだ同じ時期に失恋した仲間くらいにしか思っていないのでした。

仙夏は、江戸で大切に思っていた家族や店、直次郎のことを忘れていく自分にあせります。しかし、江戸に帰ってしまったら俊輔に忘れられる、それが怖いというのが一番強い想いでした。その頃、長兵衛が直していた大八車が何者かにこわされていました

大八車を見た長兵衛は、犯人が俊輔だと思い込んで、俊輔をぶん殴ります。俊輔は「便利だし平和だし安全だし!」と東京の良さを並べますが、仙夏は江戸で育ったからこそ今の仙夏になったのだと語り、俊輔に刀を突きつけました。

刀をふり上げた長兵衛に、仙夏は「粋じゃないねえ」と言いました。「161年に一度がなんだっていうんだい?あたしには関係ないよ。あたしは、ここで生きていく覚悟を決めたんだよ!」仙夏は、俊輔と一緒にい続けることを選び、東京に残ると決めたのでした。

仙夏は、タイムスリップの方法を調べ続けてくれた長兵衛にお礼を言い、頭を下げます。しかし長兵衛はあきらめていませんでした。もう一度、大八車を直して江戸に戻るつもりなのです。それを知った寿乃は、大八車をこわしたのは自分だと打ち明けました



寿乃は、大八車さえなくなれば江戸に戻るのをやめてくれると思ったのです。「どうしても長兵衛さんに帰ってほしくなくて・・・ごめんなさい!」何度も謝る寿乃を見て、長兵衛は言葉を失ってしまいました。

その頃、バードネットでは鳥居社長が会社を辞めるつもりだという噂が流れていました。それを聞いた泉美は、すでに引き継ぎをしている鳥居社長を見て「ウソでしょ・・・」とあぜんとします。

仙夏は「あたしはあんたに会うためにここに来た」と俊輔に語ります。直次郎が亡くなったのを知って生きる希望を失っていた仙夏に、神様がチャンスを与えてくれたのだと・・・。「あたしは置かれた場所で咲き誇るんだよ」と仙夏は笑うのでした。

しかし、俊輔は「俺は、お前が好きだ。だから江戸に帰れ」と語ります。花魁である自分を忘れてしまう前に、仙夏は江戸に戻るべきだと考えたのです。俊輔の思わぬ返事に、仙夏は驚くことしかできないのでした。

最終回である第10話では、仙夏が江戸に帰ることを決めます。しかし、その前に令和でやり残したことをやって、令和にいた証を残そうとはりきります。そんな中、鳥居社長は会社をやめて行方不明になってしまいました。その理由は、泉美をこれ以上好きになりたくないからです。

泉美は突然いなくなった鳥居社長のことを「無責任だ」と責めますが、それを聞いた仙夏は、鳥居社長は無責任な人間ではないと主張します。その頃、カリスマ社長の地位を捨ててスローライフを始めた鳥居でしたが、泉美への想いだけは捨てきれずにいるのでした。

タイムスリップ当日になり、俊輔は仙夏と最後のデートをします。仙夏がずっと行きたがっていたスカイツリーの展望台で、思い出作りをしたのです。そしてその夜・・・空に満月と彗星が浮かんでいる中、仙夏と長兵衛が乗った大八車を俊輔がひき始めます



ついに鳥居社長が泉美への恋心を自覚しましたね!しかし泉美は、鳥居社長のことをグチを聞いてくれる相手くらいにしか思っておらず、恋心を抱かれているなんて一切考えていません。鳥居社長にキレられて、初めて気付いたくらいでしょう。

泉美はまだ俊輔への気持ちを断ち切れていません。仙夏と上手くいかなければ、もしかしたら俊輔が戻ってきてくれるかも・・・くらいのことを考えています。そんな泉美の気持ちを聞かされた鳥居社長は、自分がまるで眼中に入っていないことにショックを受けていました。

泉美の近くにいると、鳥居社長は傷付かずにいられません。鳥居社長は泉美から離れるために、育て上げてきた自分の会社を手放すことに決めたのです。そこまでするほど自分を大事なものと考えてくれる鳥居社長のことを、泉美はきちんと考えるようになるのでしょう。

俊輔は泉美に10年間片思いしてきたとはいえ、泉美の本当の姿は見えていませんでした。泉美は俊輔にとってマドンナで、憧れの同級生止まりの存在だったのです。しかし、鳥居社長は違います。泉美のずる賢い本性を知った上で、好きになってくれた人なのです。

鳥居社長と泉美との恋愛が始まりそうになる中、寿乃と長兵衛の関係は複雑になってきました。長兵衛は仙夏一筋で、仙夏を身受けすることしか考えていません。寿乃は、そんな真っ直ぐな長兵衛に惹かれてしまったのでしょう。しかし、寿乃に勝てる見込みはありません。

長兵衛もやっと寿乃の恋心に気が付きましたが、長兵衛は寿乃と恋をすることはできません。もし寿乃がメインキャラクターなら、寿乃の強い想いがタイムスリップをキャンセルしてしまうことも有り得ますが、どうなるのでしょうか・・・?

そしてメインの2人ですが・・・仙夏は令和で生きると決めたのに、俊輔は江戸に帰るようにと勧めます。俊輔は、仙夏と一緒にいたい気持ちと、仙夏が仙夏らしさを失わずに生きていく未来とを天秤にかけて、江戸に帰らせることを選んだのでした。

しかし、仙夏が江戸に帰ることを選んだからと言って、江戸にタイムスリップできるとは限りません。原作では、帰るタイミングを本人が選ぶことはできませんでした。ドラマではタイムスリップの条件を調べていましたが、それが合っている保証はないのです。

予告では、長兵衛が仙夏を身受けするような映像がありました。2人が江戸に帰れたのならば、そうなると思います。しかし、この映像が長兵衛の妄想ということも有り得ます。結局のところ、江戸に帰れるかどうかは・・・分かりません!

私としては、きちんとお別れをしたのにタイムスリップできずに居残ることになった・・・という方がラブコメとして収まりがいいなあと思っています。江戸に帰れなければ、長兵衛が仙夏にこだわる理由もなくなり、寿乃と恋を楽しむこともできますからね!

この下に感想やネタバレ、見逃し配信の情報があるので、ぜひチェックしてくださいね!

\↓ぜひ、お試しあれ!↓/

江戸モアゼルの見逃し配信はHuluだけ!

*いつでも解約OK!無料期間中なら0円!

日テレドラマ

こちらもおすすめです♪

江戸モアゼルの続編は?見逃し配信を全話無料で見る方法もご紹介!

江戸モアゼル9話考察!仙夏は江戸に帰る?原作ではどうなのか気になる!



江戸モアゼル9話の感想!鳥居社長と泉美はどうなる?

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」9話「花魁江戸を忘れる!令和男vs侍」の感想です!

鳥居社長は、泉美が恋に燃えて暴走するタイプで、なおかつグチグチ文句ばかり言う女性だと知った上で泉美を好きになりました。仙夏のように真っ直ぐに気持ちをぶつけるタイプとは正反対のように思えますが、想いの強さに魅力を感じるのかもしれませんね。

仙夏と泉美の共通点といえば、自分の弱さを隠して強がってしまうところもありますね。仙夏はそれを美学だと思っているようですが、泉美は限られた相手にしか弱さを見せたくないと考えているように見えます。その相手が鳥居社長なので可能性を感じますね!

鳥居社長もちょっと面倒なところがあって、好きな人には完璧な男だと思われたいようです。恋愛経験が少ないくせに・・・しかし、仙夏に対しては言えなかった文句を泉美にはぶつけられているので、お互いにとって相性がいいのだと思います。

寿乃は報われないと分かっていながら、長兵衛への想いを止められずにいますね。大八車をこわす激しさを持っているのは意外でした。不倫はやめた寿乃でしたが、どうも男運が悪いようで・・・なぜ江戸から来た侍にホレてしまったのでしょう。

長兵衛と俊輔は本音をぶつけ合いました。2人はそれぞれの立場で仙夏を思いやっているのですが、江戸の人間と令和の人間のため相容れないのです。言い争う2人を見た仙夏は、どちらかに味方をするのではなく、自分の考えで「令和に残る」という決断を下しました

仙夏は、過去よりも今、そして続いていく未来を選んだのです。直次郎の病死に絶望して生きる希望を失った仙夏は、ここで生きていきたいと思わせてくれた俊輔を一番大切にすると決めました。しかし、俊輔はそれを知った上で、仙夏に江戸に帰れと言うのです。

俊輔の考えは複雑ですが、仙夏が花魁としての自分を失うことが耐えられなかったんじゃないかなと思います。やっとのことで想いを通わせられた2人なのに、たった10日で離れてしまうなんてさみしいですね・・・。

\↓ぜひ、お試しあれ!↓/

江戸モアゼルの見逃し配信はHuluだけ!

*いつでも解約OK!無料期間中なら0円!



江戸モアゼル9話のネタバレ!鳥居社長は報われる?

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」9話「花魁江戸を忘れる!令和男vs侍」のネタバレあらすじです!

仙夏と俊輔は、鳥居社長と泉美の前で交際宣言をします。泉美はそれをお祝いしますが、鳥居社長は泉美が強がっていることに気付いていました。仙夏と俊輔がデートしているとき、鳥居社長と泉美もデートをします。

仙夏は、長く令和にい続けたせいで江戸の記憶を失っていきます。江戸の記録からも仙夏が消えて行き、長兵衛は危機感を覚えます。次のタイムスリップが10日後だと分かり、俊輔は仙夏にどう伝えようかと悩みます。

鳥居社長は泉美への想いに気付きますが、泉美はまだ俊輔のことを諦め切れずにいます。また、寿乃は長兵衛がいまだに仙夏を好きでいることを知り、ショックを受けます。そんな中、仙夏は江戸に戻るべきかどうか悩んでいました

長兵衛が直していた大八車が、何者かにこわされます。長兵衛はその犯人が俊輔だと思い込み、俊輔に刀を突きつけました。しかし、仙夏自身が江戸に帰らないことを決め、犯人が寿乃だと分かり、長兵衛は落ち込みました。

こちらもおすすめです♪

江戸モアゼル9話考察!仙夏は江戸に帰る?原作ではどうなのか気になる!



江戸モアゼルの見逃し配信や無料動画は?

9話の見どころは、泉美に対して不器用にしか行動できない鳥居社長です。話が面白くなかったり、気の回し方がちょっとズレていたり、いきなり怒ったり・・・可愛さ全開になった鳥居社長を、ぜひ映像で見ていただきたいです!

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」はテレビ放送から1週間の期間限定で、無料動画アプリTVerで見逃し配信を見ることができます。しかし、これらのアプリで視聴する場合は、数分ごとに広告が入ります。

CMなしで見たい!1話から最新話まで見たい!という場合はHuluを利用するのがおすすめです!Huluは2週間の無料おためし期間があり、おためし期間中に解約してしまえば全くお金はかかりません。

なお2月18日放送予定の「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」7話以降には、Huluにてオリジナルストーリーが配信されます。本編で描かれる仙夏をめぐって恋の四角関係の裏側が描かれるとのことで、こちらも楽しみですね!

\↓ぜひ、お試しあれ!↓/

江戸モアゼルの見逃し配信はHuluだけ!

*いつでも解約OK!無料期間中なら0円!

こちらもおすすめです♪

江戸モアゼルの続編は?見逃し配信を全話無料で見る方法もご紹介!

江戸モアゼル9話考察!仙夏は江戸に帰る?原作ではどうなのか気になる!

関連コンテンツ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク