閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ3話!あらすじ&感想!沙羅の怒りが爆発!?

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」3話は2020年11月14日に放送されました。

閻魔堂沙羅(中条あやみさん)の元にやってきたのは、世界レベルの実力を持つバドミントン選手だった澤木夏帆(黒島結菜さん)です。

しかし、それは過去のこと。現在の夏帆はバドミントンコーチとして子どもの面倒を見る毎日でした。沙羅に反抗する夏帆の態度が気に入らない沙羅は、時短のためと言って夏帆をさっさと天国行きにしようとするのですが・・・!?

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ3話!あらすじは?

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d2ed617996aa733ec424d668c6ee30297dfc03

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」3話のネタバレあらすじです!

見知らぬ場所にいる澤木夏帆(黒島結菜さん)は、周りを見回しながら歩いていました。すると、自分に向かってバドミントンのシャトルが飛んできたため、夏帆は振り返ります。そこには閻魔堂沙羅(中条あやみさん)がいて、夏帆の足元にあるラケットを持つよう言ってきました。

夏帆がラケットを構えず「いや、やんないから。・・・っていうか、あんた誰?」と言ったところ、沙羅は名乗った上で「不遜ですね、その態度」とラケットを構えました。またシャトルを打たれると思った夏帆は、沙羅に向かって駆け出しました。

しかし沙羅は夏帆の目の前で姿を消し、ふと気付くと、上の階の網目から夏帆を見下ろしていました。沙羅により交通事故にあって既に死んでいることを知らされた夏帆は、沙羅から投げられた黒いシャトルが頭に当たったことで生前の記憶を思い出すのでした・・・。

コーチとして小学6年生の内山静香を指導している夏帆ですが、その態度はだらけきっています。「疲れた」と練習を切り上げ、静香に「打ち方教えてください」と言われても「そんなの適当だよ」と返す始末で、クラブ責任者の小野寺監督からも諭されます。

しかし「試合で負けても死ぬわけじゃない」と言う夏帆に、静香は「死にます、私は」とその覚悟を語ります。「負けるのは死んだと同じ」と迫る静香から逃げるように体育館を出た夏帆は、サポーターで隠している右足の傷跡を見つめました。

小野寺監督から「まだ痛むのか?」と聞かれた夏帆は「全然」と答え、ジュニア・チャンピオンとして期待を一身に受けている静香のことを尋ねます。小野寺監督が「お前に静香くらいの気合いと根性があれば」と言ったとき、ちょうどよく夏帆に着信がありました。

入院中の父について今夜がヤマだと聞いた夏帆は、父のことを思います。夏帆の父は選手としても協会副理事としても日本バドミントン界の発展のために力を尽くした人です。夏帆と3歳上の姉・南緒(山下リオさん)は、父の影響でバドミントン選手になったのでした。

南緒は今でも選手を続けていますが、夏帆は1年半前に前十字靭帯断裂という大きなケガをしたせいで選手をやめていました。しかし夏帆は引退を父に知らせておらず、そのまま父が亡くなったことに、どこか安心しているのでした。



父の臨終のあと、母から渡されたものがありました。それは入院後の父が震える手で書いた「かほ やめるな」という遺言でした。そしてその数週間後、夏帆の自宅では父を偲ぶ会が開かれ、そこにはバドミントン界の大物が大勢集まりました。

夏帆が内心「めちゃくちゃ居心地が悪い」と思っていると、そこに日本代表監督・稲葉弘保がやってきて「今更戻ろうなんて思うなよ」と声をかけてきました。「才能だけの選手だった」「期待はずれだった」「父の魂を受け継がなかった」と、夏帆は強く責められます。

耐えられなくなった夏帆は皆が集まる部屋から遠ざかり、静香と共に庭にいる飼い犬・ハナをなで始めました。するとそこに日本代表選手・志田舞がやってきて「才能だけでやってた最低の選手」「ケガの前に珍しく練習してたのは姉に追いつかれそうだったから」と話しました。

舞の言葉を肯定して薄笑いを続けた夏帆でしたが、舞が「姉は才能がない努力だけの凡庸な選手、妹は才能をドブに捨てるクズ」と言われて立ち上がります。「南緒のことまで言われる筋合いはない」と怒る夏帆に、舞は「父の名誉に傷がつくから復帰するな」と警告しました。

偲ぶ会に戻っていく舞を見送った夏帆は「庭には2匹の犬がいる」と、自分は負け犬なのだと静香に語りました。その夜、南緒は大学の後輩に譲りたいから夏帆のラケットをくれないかと言いました。そこで夏帆は、南緒の後輩である舞に口の利き方を指導しておけと注意します。

舞の発言を知った南緒は「現役選手にバカにされるより、引退した元天才にあわれに思われる方がカンに障る」と返すのでした。そこでシャトルが頭に当たり、夏帆は閻魔堂に戻りました。今回の閻魔堂は、円形の部屋から何方向にも廊下が伸びている場所でした。

時短のため記憶を早く切り上げた沙羅は、夏帆は天国行きに決定していると話しました。夏帆の父はブロンズカードという勲章が贈られているのです。生前、地球規模の貢献をすればゴールド、文化芸術等で発展を支えればシルバー、そしてその下にブロンズ・・・。

日本バドミントン界に貢献した父の家族であるため、夏帆は天国行きの優遇を受ける特典を持っているのです。裁定する必要がない人に時間を割きたくない沙羅は、天国への扉を開きました。「天国でお父様に心より感謝なさい」と言う沙羅に、夏帆は食ってかかります。



ケガさえしなければ国内トップ選手だったんだと語る夏帆に、沙羅はうんざりした顔をします。「死んだときのことも思い出せずスッキリしない」と言う夏帆に、沙羅は「意味ないでしょ。今更殺されたって知ったところで」と口を滑らせてしまいました。

何度も「教えて」と迫る夏帆に、沙羅は仕方なく続きの記憶をたどらせます・・・。小野寺監督は静香に、現役時代の夏帆と南緒は「2羽のツバメ」と呼ばれたことを教えていたのです。「今の私はニワトリですらない、ただの負け犬」と夏帆は体育館を後にしました。

そこに日本代表コーチ・美輪陽介がやってきて、小野寺監督はいるかと尋ねてきました。美輪は「俺もケガで引退した身だし」と、夏帆が現役に戻ることを勧めます。夏帆がそれを断ったところで、静香がやってきました。静香は美輪のことを知らない様子でした。

父の遺言や美輪の言葉を思い出しながら、夏帆は心の中で何かがくすぶり始めているのを感じていました。そんな夏帆の前に、リードもなく勝手に歩くハナが現れます。驚いた夏帆はハナを追いかけ、その最中にケガをした右ひざが痛まないことに気付きました。

夏帆の母は「ちゃんと庭につないであったのに」とハナの脱走を不思議がります。その後2階にいる南緒を呼びに行った夏帆は、南緒に彼氏がいることを知りました。しかし、相手が誰なのかは、からかうような態度をしたせいか、教えてもらえませんでした。

次の日から練習を始めることを決意した夏帆は、朝早くに職場である体育館に入りました。すると、こっそり自主練しに来た静香に出会います。静香に対して「ダイエット」とごまかした夏帆は、静香の持ってきた5つのシャトルを使って練習することにしました。

「2人で練習してることは内緒ね」と静香に釘を刺した夏帆は、現役復帰への道を歩み始めました。本気を出すと、テクニックは衰えておらず、体力と反射神経が鈍っていることが分かりました。自宅でもトレーニングを続ける夏帆はトップに返り咲くと決意します。

ある朝、夏帆がランニングに出かけようとしたところに、舞が訪ねてきました。父の仏壇に供える菓子を持ってきた舞に見られないよう気を付けながら、夏帆はランニングを始めます。そして夏帆が路上の階段に差しかかったとき、誰かが夏帆の背中を押しました



なんとか数段で踏み止まった夏帆は振り返りますが、そこに人の姿はありませんでした。・・・そして、その3週間後の朝、いつもの時間になっても静香が現れないことに胸騒ぎを覚えた夏帆は、静香の家に行こうと決めて体育館を出ました。

夏帆がいつも行き来に使っている自転車に乗ろうとしたところ、静香がいつも持ち歩いているシャトルが3つ落ちていることに気付きました。何かあったのだと感じた夏帆は自転車に乗って坂道を下りますが、その途中でブレーキがかからないことに気付きます。

そのまま坂の下にある車道に出てしまい自動車にひかれた夏帆は、そのまま亡くなったのです。閻魔堂に戻った夏帆は、沙羅に「私って、いっつもこうなんだ」と言いつつ、静香の姿を思い浮かべます。しかし「あのさ」と口を開くも、それを聞かずに立ち上がりました。

その気持ちを見抜いた沙羅は「臆病者」と夏帆に呼びかけます。「頭によぎった疑問を飲み込みましたね」と言った沙羅に「どうすることもできないんだし」と夏帆は反論します。そこで沙羅は「うそつきは生き返らせません」と、生き返る手段があったことを教えます。

沙羅は、1年半前にケガをしたときにも、今回死んでしまったことにも、夏帆がどこかホッとしていることを言い当てます。夏帆は才能を過信してだらけていたのではなく、その臆病さゆえに、才能の限界を知りたくなくて負ける言い訳を作っていたのです。

「いいから、さっさと生き返らせろって言ってるの!」と言う夏帆に「却下」と沙羅は凄みます。しかし夏帆はひるまず「バドミントンで私が勝ったら生き返らせて!」と言ったため、沙羅は思わず吹き出してしまいました。

沙羅は黒いシャトルを打ち上げて、夏帆に向かってスマッシュを打ちました。そのとんでもない速さに夏帆が驚いていると、赤いマントをまとった沙羅は「人間ごときが私に勝負を挑むなど無礼千万」と、夏帆の天国行きの特権をはく奪しました。

沙羅は「虚偽、暴言、挑発的言動を弄するなど言語道断」と怒りをあらわにして「あなたのような痴(し)れ者は今すぐ地獄に墜ちなさい」と言い、夏帆の足元に地獄への穴を開きました。驚く夏帆が穴に落ちていく様子を、沙羅はほほえんで見送るのでした・・・。

この下に感想や解説、見逃し配信の情報があるので、ぜひチェックしてくださいね!

こちらもおすすめです♪

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ4話!あらすじ&感想!ヒントは落ちていたアレ!?

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ2話!あらすじ&感想!殺意を抱く人が見当たらない!?

見逃し配信バナー

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ3話の感想!夏帆に本気で戦ってほしい!

引用:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1014/mnn_201014_3432948733.html

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」3話の解説と感想です!

沙羅は、臆病すぎて自分を慕っている女の子を救うことすら諦めた夏帆に「痴れ者」と言っていました。痴れ者とは手に負えないほどの愚か者のことです。3話の由芽の不平等に立ち向かう強さを気に入ったときと違い、沙羅は最初から夏帆を見下していましたね。

夏帆の「実力で負けるのが怖くて、本気で挑戦できない」というキャラクターは、高校の教科書に出てくる『山月記』を思い出させますね!夏帆のような部分は多くの人が持っていて、そんな自分の弱さと戦いながら生きていくものなのだと思います。

地獄への穴に落とされてしまった夏帆ですが、このままだと静香も危ない目にあってしまいます。静香を救いたいという気持ちは本物のはずですから、何とか沙羅と死者復活・謎解き推理ゲームをし、生き返って静香のことを助けてあげて欲しいですね!

こちらもおすすめです♪

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ4話!あらすじ&感想!ヒントは落ちていたアレ!?

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ2話!あらすじ&感想!殺意を抱く人が見当たらない!?



閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ4話の考察!夏帆の覚悟は必見!

引用:https://thetv.jp/program/0000985192/

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」4話では、地獄に墜ちる寸前で手を伸ばした夏帆が閻魔堂に戻ります。そんな夏帆の執念深さに感心した沙羅は、夏帆の生き返りをかけた推理ゲームをすることを決めるのでした。

夏帆は閻魔堂で、今までずっと避けてきた「負けるかもしれない恐怖」と真正面から向き合うことになりました。しかし、静香を救うために夏帆は覚悟を決めます。・・・とはいえ、生意気で態度の悪い夏帆に反感を持つ人は多く、容疑者が多すぎるのです!

今まで通り、夏帆の生前の記憶の中に犯人につながるヒントが隠れています。すでに夏帆の記憶は3話で全て明かされているため、4話放送までに犯人を当てることもできます!

今までは時間との戦いで間に合わなかった方も、今回はぜひ推理してみてくださいね!



閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ3話の見逃し配信や無料動画はある?

今回の沙羅は、今までと違ってカラフルでスポーティーな服を着ていました。しかし、色が多いにも関わらずまとまった色遣いになっており、スポーティーさもやりすぎではなく、ちょうどいいバランスでした。ぜひ映像でその素晴らしい姿を見てください!

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」の見逃し配信を見る場合は、U-NEXTのNHKオンデマンドを利用するのがおすすめです!U-NEXTには初回のみ31日間の無料トライアル期間があり、トライアル期間内に解約してしまえば全くお金はかかりません。

通常、NHKオンデマンドのまるごと見放題パックの利用には月額990円が必要となります。しかし、U-NEXTの無料トライアルでもらえる1,000ポイントを使えば、完全無料でNHKオンデマンドを利用できるのです!

U-NEXTは見放題作品数No.1の動画配信サービスで、特に日本の作品のラインナップが豊富です。さらにNHKオンデマンドを利用すれば、朝ドラや大河ドラマなどのNHKオンデマンドでしか見られない作品も楽しめます!U-NEXTで日本の作品も見逃し配信も楽しみましょう!

見逃し配信バナー

こちらもおすすめです♪

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ4話!あらすじ&感想!ヒントは落ちていたアレ!?

閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ2話!あらすじ&感想!殺意を抱く人が見当たらない!?

関連コンテンツ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク